2012年07月09日

天の邪鬼


昨日あんな事を書いたもんだから、今日はたくさんの人たちからニヤニヤしながら「あ、髪切りましたね」といじられた。
逆に情けをかけられているようなこの敗北感。声を出して泣いてやる。
posted by ムラカミ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

ゲーム企画という授業


韓国に出張するから、という意味不明な理由でバッサリと髪を斬った。
力任せに斬りまくる例の鬼武者ではなく、近所の美容室。若い夫婦で経営するとても雰囲気の良いお店だ。
髪型が変わった事を職場の全員にスルーされた、という意味不明な理由でくら寿司に行った。
ホタテの大きさは、かっぱ寿司が100とするとくら寿司は60といったところか。と心の中で文句を言った瞬間にびっくらポンで大当たり。非常によくできている。

さて明日は公開授業。自分はゲーム企画の授業をする。
ゲームの技術だけを教えるなら簡単だが、ゲームを学問として成立させ、且つ人間力強化のツールとして応用するのは初の試み。吉と出るか凶と出るかは年度末に乞うご期待。
寝る。
posted by ムラカミ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

EXILE TRIBE


先日ドームツアーの終了したEXILEさんのライブ「EXILE TRIBE」の中で流れた「DANCE EARTH〜BEAT TRIP〜」の映像を制作させていただきました。

exile_tribe.jpg

オフィスクレッシェンドの佐藤徹也監督の構想を膨らませながらアイデアを出し合って、うちの学生スタッフと一緒に作り込んでいったワケですが、これがまた実に楽しい仕事でして。
曲を聴いて鳥肌が立ったのは何年振りだろう。創作を通して童心に帰り、こんなにワクワクしたのも久しぶり。大きくなったらEXILEになりたいと思ったね。体脂肪率20%だけど。痩せなきゃね。

佐藤さん、飲みに行きましょね。
posted by ムラカミ at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

鬼HK


7月5日、19時30分。自分、大学のUstream番組に出演します。
「鬼HK」という凄いタイトルの番組です。

http://www.ustream.tv/channel/oni-hk

うちのフレッシュな学生広報スタッフも引っ張りだして、名物編集長とトークします。
普段我々がどのような取り組みを行なっているか、というような話になる予定です。
神聖なる大学の番組且つ生放送故、毒を抜いて天使のように健全な話を心掛けなければなりません。
それ以前に、放送までに会議が終わるかどうかが心配なのです・・・。
posted by ムラカミ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

不器用


何度も繰り返しレンタルして全シーンが脳裏に焼き付いている堤幸彦監督の「自虐の詩」。
好きで好きでたまらない作品なので、今更ながらDVDを購入。
また今日も仕事のBGVにしていたが、見る度に自分の愚かさを反省させられる。
罪悪感に駆られ、一瞬心がピュアになる。

しかし・・・

反省はしても、また明日も同じ過ちを繰り返すんだろうな。
男とはこういう生き物なのだ。
不器用な男性諸君、「いいね」を押すがいい!
posted by ムラカミ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

リ・メンバー魂


「月の華」主演してくれた森崎正弘氏のMousePiece-ree10周年記念興行「リ・メンバー魂」が、十三Black Boxxにて絶賛上演中。
http://kouenn.mousepiece-ree.info/?eid=21

6月29日(金)〜7月8日(日)の計16ステージで、関西を代表する役者陣が日替わりゲストとして共演。「アラフォー男の悪ふざけ」というコンセプトが魅力的。

自分はスケジュールが合わず、残念ながら観には行けないけど、実力派の俳優陣による興行なので絶対に面白いはず!
posted by ムラカミ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

素敵


FACEBOOKがアクセス不能になってから丸一週間経過。
だいたいですね、「一時的にロックしてます」って、一体いつまで待たせるつもりだこの****。
「あ、村上君、消されてるねぇ。あはは」あははじゃないんだよ。
それにですね。どこの誰だかが勝手にアカウントを乗っ取ろうとして、被害者がアクセスもできずに放置を喰らう仕様っておかしくないかい?Sランクバグでモニターセンターにデバッグシートを送りつけてやろうか。ぷんぷん。

・・・ふぅ。

今日はいい天気だったね。
明日もこの心のように澄みきった天気に恵まれるといいな。
posted by ムラカミ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

厄年解析


厄年の仕組みってこんな感じだと思う。

1:男は30越えてから!

2:30代終盤。かつて思い描いていた自分像と違う。

3:俺まだやれる。男は40越えてから。

4:老けちゃダメだ老けちゃダメだ老けちゃダメだ。

5:現役の頃は徹夜も平気だったのに。こんなはずじゃ。

6:同窓会にて、周囲の老け込み具合を目の当たりにして初めて自分の姿を客観視。

7:ひどいよ。こんなのってないよ。

8:若手が入って来たので中間管理職に。
「私を潰すつもりでかかってきて下さい」と言う前に自動的に潰れフラグON。こんなはずじゃ。

9:自分、まだまだ戦えるはずなのに。こんなはずじゃ。

10:子供が大きくなる。現実を見つめて観念する。こんなはずじゃ。

11:疲れが抜けない。二日後に訪れる筋肉痛。抜け毛多し。
怒濤のステータス異常に苛まれ、負のスパイラルに。

要は思い込み。ポジティブに人生を楽しもう。
立て自分。
posted by ムラカミ at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

七回忌


今日は甥っ子の七回忌で宝塚に帰ってきた。
七年前の壮絶な日々が蘇ってきて苦しくなったけど、辛かった記憶は絶対に封印しちゃいけない。
明日から頑張るべ。
posted by ムラカミ at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

キックアス


色んな人から「キックアス」という映画を勧められ、見てみようと某大手レンタル店へ。
評判が良いので大量入荷してると思いきや、どれだけ探しても見つからない。
店員に聞いたら「?」な顔をされ、調べてもらったら入荷していないという。他の店にも一本もない。そんなにマイナーな映画なのか?ブラピがプロデュースしてるからメジャーな作品だと思ってたのに。
posted by ムラカミ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癒し


今朝は古巣のゲーム会社に行ってきた。E3出張の為にお偉いさん達は留守にしており、どことなく閑散としていた。

同期のデザイナーやプログラマー達がみるみる老け込んでいく。窓もない開発室で一日中PC見てるのだから仕方がない。今度壁に富士山でも描いてやんよ。
posted by ムラカミ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

描き下ろしイラスト


STUDIOMYSTの「GALLERY」ページにて、「雲の上のアインちゃん展」用描き下ろしイラストを一部公開。
https://sites.google.com/site/studiomyst/home

ご来場の皆様、ありがとうございました。
posted by ムラカミ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

病院へ行こう


5月に入ってから頻発している目眩や記憶が飛ぶ症状について、職場の先輩プロデューサーに相談してみた。
FBでも色んな人からアドバイスをいただき、皆一様に「はよ病院へいけ」と絞め括られる。
ここでも同じ事を言われるのだろうとは思っていたが、いざ話してみると、
「心臓や肝臓は取り替えたら済むけど、脳みそは取り替えられないからねぇ」
と一言。
さすが、物凄い説得力だ。さっさと仕事を片付けて病院へ行こう。
posted by ムラカミ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

伝えるチカラ


twitterでのアカウント乗っ取り事件以来、twitterを離れてすっかりfacebookオンリーの日々。
一応ブログの更新履歴だけはtwitterに転送している。
みんなどんな風に活用しているんだろう?

それはそうと、最近色んな人から言葉遣いについて注意される。
語気を荒げているワケではないし巻き舌になっているワケでもないけど、どうも自分は言い回しがキツイらしく、「業界のノリはやめて下さい」と指摘された。かなり注意はしているのだが、、、。
何かに真剣に向き合うとつい熱くなってしまうが、その温度差が誤解を招くのか。アドバイスをしたつもりが相手を傷つけてしまう、なんて事もあるのかも知れない。
人の顔色を伺うばかりがコミュニケーションじゃないだろうと反論すると「そーゆー時代なんです」と片付けられる。もう少し起用に振舞わなければ。
今年で40になるというのに、全然成長しないなぁ自分。
posted by ムラカミ at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

「ぐんまのやぼう」


「ぐんまのやぼう」という、群馬県が日本を制圧するアプリが話題になっていたのでDLしてみた。
これが実にばかばかしくて面白い。
ねぎ、こんにゃく、きゃべつを収穫してG(GUNMAの略)を獲得。
ポイントが貯まると隣県を制圧し、徐々に群馬県を拡大していくというゲーム。

twitterと連動させると「山梨県は群馬県になりました」等、いちいちシュールなツイートがアップされる。
ねぎのレベルを上げるのが先か、隣県を制圧するのが先か、ゲームになっているようななっていないような微妙な駆け引きが何とも中途半端だが、それでも全体の佇まいが楽しげで、つい夢中になってしまう。
posted by ムラカミ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

フリーザ召喚


5月26日(土)は我が学科にて声優の中尾隆聖氏を招待し、演技・演出の特別授業を行ないます!
天野喜孝氏に引き続き、今度は声優界の超大御所。いやー、凄過ぎですね。うちら一体どこを目指してるんでしょうか。

中尾さんと言えば、「ばいきんまん」「フリーザ」の声優として有名。少しマニアックな所では「狼男アメリカン」のジャックの吹き替えがかなり個性的でした。DVD版に吹き替えが収録されていないのが残念。
その他に戸田恵子さんと山寺宏一さんを起用して舞台を演出したりと、演出家としても数々の名作を生み出しています。

そんな有名キャラクターに命を吹き込むプロセスと、素晴らしい芝居を引き出す演出の秘技等を講義してもらいます。
場所は京都造形芸術大学のどこか。(まだ部屋が決まっていない・・・)
posted by ムラカミ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

語り部たちの夜-風-


劇団se・tsu・naのお芝居「語り部たちの夜-風-」を観てきた。

座長の中神さん、毎度毎度驚かせてくれます。
卓越した脚本力によって功名に組み立てられた言葉のモンタージュが独特の世界観を展開させ、その語りが胸に突き刺さります。
大きなトラウマを抱えているとしか思えない中神氏の中のダークサイドを全面に露呈しつつも、どこかで救いを感じさせる匙加減が絶妙な作品でした。
小劇場とは思えないほどの精巧な美術とギミックも素晴らしい。

自分が6年前に監督した短編映画「月の華」で、盲目の女性の家に強盗で押し掛ける主人公を演じた森崎氏が、今度は盲目の女性を騙す詐欺師の役を演じるという偶然も。
ちなみに「月の華」の盲目の女性は「ルナ」で、「語り部たちの夜」の盲目の女性は「月子」という名前。
なんだか因縁めいたものを感じます。
posted by ムラカミ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

ゲーム談義


ゲームをプレイしてエンディングまで辿り着くなんて何年振りだろうか。
仕事の参考資料としてやり始めた「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」が、三ヶ月以上かかってやっとこさ終了。
業界の内外で「今度こそ時のオカリナを越えたか!?」という議論が熱くなっているようだが、そんな事はどうでもいい。ただただ恐れ入りました。参りました。

洋ゲーではこういった物理演算系アクションが中心だけど、日本のゲームは基本的にイベント管理が中心になるから、アクションを楽しんでいるというよりは単にフラグを立てさせられている「やらされ感」に苛まれる事が多い。
ゼルダの場合は全ての要素において能動的なアクションを喚起するだけの、システム的・シナリオ的な説得力がある。主筋とは関係のないサブイベントやミニゲームも、本筋のアクション要素を応用しており、全てのアクションがラスボス戦への伏線となっている。もちろんゼルダもフラグ立てゲームには違いないが、やらされ感がない。

やらされ感を与えない要因の一つに、コントローラーとキャラクターとプレイヤーの一体感がある。あれだけ複雑で濃密なアクションが混在しているというのに、全てが直感的。次から次へとアイテムを手に入れては覚える事が増えていって、最初はどうなる事かと思ったが、それも1〜2回使用すれば体得できるシンプルな仕様になっている。そしてアナログ的な操作と挙動がより一体感を強めている。メタルギア・ソリッドをプレイした時にも同じ印象を感じた。

「説明する」のではなく「感じさせる」シナリオも秀逸。ゲームは映画じゃないから、細かい説明をセリフで言わせれば言わせるほど説明部分と表現部分が乖離し、ちぐはぐなイメージをユーザーに植え付けてしまう。ゼルダは、アクションという最も刺激的な方法でユーザーが身をもってストーリーを体感し、細かい説明をせずともゲームへの没入感を高めている。
なんだかベタ褒めだなぁ。でもやっぱりゼルダみたいに技術以上に本質的な面白さを追求する事が今後のゲーム業界には必要だと思うんだよね。
「そんな事分かってんだよ!・・・だがしかし!」というクリエーターの声はたくさん聞いてきた。
問題は、「だがしかし」の部分をどう解決させるかだ。
posted by ムラカミ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

トークセッション


以前一度告知しましたが、「雲の上のアインちゃん展」の上映会とトークセッションのイベントを開催します。

地元CATVの取材もあり、知らぬ間にオオゴトになっていてビビりました。
ともあれ全国のお子様方の防災意識向上の切っ掛けになれば幸いです。

4月30日(祝)14:00-15:30
http://www.harmonichouse.com/
posted by ムラカミ at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

hulu


huluが今年中にもwiiでの配信サービス開始で、月額980円で映画見放題。
我が家の場合、子供用アニメのレンタル代だけで月に3000円くらいかかるから、これは嬉しい。
wiiの解像度は720×480。迫力重視の作品はBlu-rayで、お話重視の作品はhuluに分けるかな。
それか、これを機にPS3を購入するか。自分がPS2購入時のキラーソフトとなったのは「マトリックス」のDVD。またしてもキラーソフトはゲームではなく映画になるわけだ。

先日、職場のボスとBONES談義で盛り上がった。
「あれを見始めると面白過ぎて仕事ができなくなっちゃうのよね」
わかる。よくわかる。今度はhuluで最初から全話見直したい。
posted by ムラカミ at 11:18| ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする