2015年03月25日

自信

深夜の独り言。
自分は子供の頃から先生を困らせる程デキの悪い生徒で、何度も人格否定されるほどボロカスに罵られたけど、なぜか常に根拠のない自信があって、怒られっぱなしでも毎日楽しかった。本当にアホだったんですな。

今は学生から「どうしたら自信がつきますか?」と聞かれる事が多い。

自信って、身につけようとして身につくものではなくて、行動の結果オマケでついてくるものだから、バカみたいになんでもかんでも首を突っ込んで経験して痛い目に遭う事も楽しむしかないんじゃないかな。
動かない人間に自信はつかない。馬車の中で待機しているだけで経験値をお裾分けしてもらえるドラクエの育成システムに疑問を感じるがこの際それはどうでもいい。

自信を持つにはまず行動。行動を起こすには、そんな自分を好きになる事。自分が得た喜びを他人と共有したいというか、伝えたい、表現したいという気持ちがあれば行動を起こし、自信がつくんじゃないかと、そう思うワケです。

ということは、表現力と行動力を併せ持つ芸術大学の学生ってのは一般学生に比べて自信をつけやすい要素がてんこ盛りなので、人生そのものを得している。
でも恵まれた環境に慣れてしまって、恵まれている事に気付けないから自信がないと思い込んでネガティブになる。
恵まれた環境にいることを認識すればポジティブにならざるを得ない、と思うんだけど、どうだろう。

posted by ムラカミ at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック