2012年11月05日

アインちゃんのイベント


今日は枚方市の村野浄水場が主催するイベント「来て見て体験in村野浄水場」に、京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科の東北復興支援プロジェクト「雲の上のアインちゃん」のブースを設け、本編アニメーションの上映とイラスト制作のワークショップを行なった。

これは、大阪府の防災、環境対策の意識高揚を図る催しとして、各種企業が「水」にまつわる関連イベントを展開、遊びを通して府民にも分かり易く社会見学を行なっていただくというもの。

製作委員会以外にも、公募の学生スタッフ4人が熱心に接客を担当してくれて、まずまずの盛況。
アインちゃんの映像に夢中になる幼児たちの姿を見ていると、どんな小難しい事もアニメーションにする事で確実にハートに訴えかける事ができると実感。
大元は壁画しかなかった人類のコミュニケーションツールも、今や動く絵となって国境や人種を越えていく。



posted by ムラカミ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック