2011年09月04日

神業


今日は兵庫県立美術館の「アリエッティ×種田陽平展」と、神戸市博物館の「山本二三展」に行ってきた。

写真.JPG

ジブリ作品の究極のアナログ職人芸を目の当たりにし、未だ興奮冷めやらぬ状態。
種田さんと言えば岩井俊二監督作品やキル・ビルの美術監督。山本二三さんはラピュタやもののけ姫の美術監督。山本二三さんはうちの客員教授でもあるので、来月にはあの神業を再び大勢の前で披露してくれる。お酒が進むと何を言っているのかさっぱり分からなくなるが、酔っ払っていないうちは数々の神業の秘訣を語ってくれるので二三さんとの飲みの席はとても有意義。

両展覧会共9月24日まで。吸い込まれるような奥深く美しい背景美術の世界をお楽しみあれ。

山本二三展
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/tokuten/2011_01nizo.html

借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展
http://www.ntv.co.jp/karigurashi/

posted by ムラカミ at 23:47| 天使の戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。