2011年09月02日

京造ねぶた


本日から京都造形芸術大学1回生のグループワークショップ「京造ねぶた」の制作がスタートした。

自分は去年ねぶたの指揮をとった。とにかく暑かったのと、まかないのかき氷を作って腕が筋肉痛になった事を鮮明に覚えている。
また感動し過ぎて涙が出たのも良い思い出。身内事以外で涙が出たのは、MSX版イー・アル・カンフーの99ステージ目までいってゲームオーバーになった時以来約30年ぶりだ。

高校生に甲子園があるように、大学生には京造ねぶたがある(?)かどうかは知らないが、とにかくこれがなかなかに過酷なプロジェクトで、制作途中で泣き言を言ったり塞ぎ込んでしまう学生も大勢いる。
新入生諸君、まさか大学生になってこんなに厳しいプロジェクトが行なわれるとは思ってもいなかっただろう。でも一生に一度くらい、死ぬ気でモノ作りをするのも良い思い出になるんじゃないかな。
逆に言うと、これが乗り越えられないなら、社会に出ても一ヶ月モたないよ。

posted by ムラカミ at 03:23| 天使の戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする