2011年07月17日

ソウル二日目

myst_angel.gif

午前中で留学生試験の面接を終え、午後からはフリー。
これといってどこに行く予定もなかったので、ホテル近くを散策しながら土産用に子供服を売っている店を探した。
が、泊まっている場所はアックジョンという、日本で位置付けると六本木とか青山に相当するセレブでオサレな街。歩けど歩けどそんな店は見つからない。
歩き疲れたので結局独りでバーへ行き、ビールを飲みながら仕事をする事に。

なんだか海外出張の度に同じ事を書いている気がするが、みんな少女時代みたいに足の奇麗な人ばかり。
「少年時代」という名で大小さまざまな井上陽水が生足を出して歌う姿を想像し、バーで飲みながら独りでニヤニヤと笑ってしまった。
異国の地で日本人の品格を地の底に貶めたに違いない。

posted by ムラカミ at 23:49| 天使の戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする