2009年01月24日

火事のロワイヤル

「007慰めの報酬」が、シリーズ初の続編(何か言い回しがおかしいが、FFXとFFX2みたいな感じね)という事で、妙に興味をそそられたので前作にあたる「007カジノロワイヤル」を観てみました。
公開されてからかなり時間が経ちますが、どうもトレーラーを観る限りは心躍るものがなくて何となく拒絶してきたのでした。
で、実際に観た第一印象は「劇場で観れば良かった」でした。
そして良くも悪くも「単純に面白かった」。

あえて007らしくない要素をてんこ盛りにしつつ、007らしさをしっかりと押さえている辺りはさすがでした。
007の映画にテロ組織が登場する話って妙に新鮮な感じがするんですが、多分これが初めてじゃないですかね。

アクションも、無闇にデジタル満載にした今風の豪華さや派手さはなく、生身の体当たりアクションがメインとなっていて、80年代中期の王道アクション映画を観ているようなありがたみを感じました。良く言えば面白かった頃のジャッキー・チェン映画を観ている感覚。
恐ろしいほど無駄がなくキレの良いカット割りで、編集された映像である事を忘れて映像世界に入り込む事ができます。


当初、新ジェームズ・ボンド役としてヒュー・ジャックマンが候補に上がっていたと報道されて個人的にはかなり楽しみだったんですが、実際にダニエル・クレイグの芝居を見ると、これはこれで納得。逆にヒュー・ジャックマンだとX-MENのイメージが強すぎるのと、武闘派すぎて若干知的さが足りないというか、恐らく「何か違う」と批判されていたんじゃないかと…。

今回は00の称号を得たばかりの若いジェームズ・ボンドのストーリーという事で、これまでの軽薄なイメージがなく、生真面目すぎて余裕を感じないので、これは今後のシリーズで徐々に女好きで余裕たっぷりのヒーローとして変貌していくんでしょうか。
posted by ムラカミ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック